■プロフィール

かきぺた

Author:かきぺた




ゲーム製作を主とするサークル「かきぺた」の日常を描いていきます。


-------メンバー紹介-------

おいす
ぎぃが
まかろっと
ブルー
レッド
1919


-------担当する曜日-------

現在不定期更新です。


アドレス
kakipeta.share☆gmail.com
☆=@です。


当サイトで利用している画像及びデータは、株式会社GPコアエッジに帰属します。許可無くご利用又は転用になられる事は出来ませんので、予めご了承下さい。
(C)Gamepot Inc, All Rights Reserved.
(C)2008 GP CoreEdge Inc. All Rights Reserved.

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■リンク
■バナー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
SS?
ミーティアカワイイよミーティア
どうも雨です
SS書くよ!!

↑は↓の影響です
http://www.nicovideo.jp/watch/sm5230099

それではSSをどうぞ

次の日☆

俺は昨日の事もあったせいか学校に行くのは嫌だった
確かにあの時は乗りでやってしまったが
将に飛び膝蹴りをしたことを思い出したからだ
まぁしかしあれは正当防衛だと自分で思って学校に行ったが・・・

将「おはよう隼人君」

生徒達「おはよう隼人君」

隼人「・・・」

あっさり捕まってしまった

将「さて昨日はなんであんな事したのかな?」

隼人「いやあれはお前が襲ってきたから」

将「まぁいい・・・今ココで謝るなら許してやるよ」

隼人「許すって・・・俺は悪くn」

将「よし死刑だな、やれ!!」

生徒達「サーイエッサー!!」

隼人「いや落ち着け」

将「落ち着くも落ち着かないもない」

蒼「おはよう」

将「おはよ・・・」

生徒達「・・・お前!!」

将「捕まえろ!!」

生徒達「オォォォォー!!」

蒼「別にいいけど」

先生「お前等・・・おもしろそうな事してるな」

将&生徒達「ゲッ!!先生!!」

スポンサーサイト
シナリオ関連 | 20:09:48 | トラックバック(0) | コメント(1)
ん~微妙
今日のSSはじぶんの番だよ
どうも雨です!!

ではSSどうぞ

隼人「・・・・・」

俺の目の前を通りすぎて行ったのは確実に男に当たった・・・・
果たして男の人は大丈夫なんだろうか?

?「ひどいじゃないかー」

蒼「娘の部屋に入る時ぐらいノックしたら?お父さん」

隼人「お、お父さん!?」

蒼の父「ひどいじゃないか~いきなりティッシュ箱を投げるなんて」

蒼「知らないわ」

隼人「・・・・・」

俺の目の前では似ても似つかない親子の会話が繰り広げられていた・・・
いやむしろ似てる似てない以前の問題で
親に向かってティッシュ箱を勢いよく投げる娘がどこにいる?
この親不孝者めが

蒼の父「やぁ君が蒼のボーイフレンドかい?」

隼人「え、え?」

再び俺の真横を空を斬って何かが飛んで行った

蒼「馬鹿じゃないの?」

蒼の父「冗談じゃないか、だからスリッパを投げるのは止めてくれ」

蒼「五月蠅い」

隼人「えーと・・俺は帰りますね」

蒼の父「待ちなさい!!」

隼人「な、なんでしょう?」

蒼の父「君の名前は?」

いや俺も別に名前を聞かれるのは悪くないんだが
あまりにも顔が近いむしろキモイ

隼人「は、隼人です・・・」

蒼の父「そうか・・・隼人や今後とも娘をよろし」

あーもう言い表すのもだるいが仕方ない
俺の真横を食うを斬って

蒼「説明が長い」

隼人「勝手に人の心を読むなwむしろ入るなw」

蒼「お父さん、彼ももう帰りたいみたいだから」

蒼の父「なら仕方がない」

隼人「ジュースありがとな」

蒼「・・・」

隼人「それではお邪魔しました」

蒼の父「うむ、また来るんじゃぞ」

隼人「は、はぁ・・それでは」

こうして俺は蒼の屋敷を後にした
もちろんあの後蒼の父に何かがぶつかったのは言うまでもない

・・・・・orz
終わりです

シナリオ関連 | 19:50:13 | トラックバック(0) | コメント(0)
生活リズムが・・・
どうも・・・・ぎぃがです。
今回は少し自分が変わったことを前座として書きます

んー・・・最近生活リズムがとてもよくなってきました。

そのせいでパソコンをつけませんw

結構早めに寝ています。
早めに起きていますw

んー・・・最近体調も良くなってきた気がします。
タイピングが遅くなった気がします。
それぐらいですかね?

では・・・ssは続きにて

続きを読む >>
シナリオ関連 | 21:57:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
珍しくSSを④
こんばんは、1919(ひくひく)です。


最近書いてなかったんですが今回久しぶりに書いてみようと決意したわけです。
読んでみてください。
※ただしイケメンに限る。

続きを読む >>
シナリオ関連 | 20:46:10 | トラックバック(0) | コメント(0)
危ない危ない
SSだよ!!
べ、別に忘れかけた訳じゃないんだからね!!
か、勘違いしないでよね!!

SS始まります

蒼の部屋

蒼「ここが私の部屋よ」

隼人「案外素朴というか地味というか」

蒼「あんまり派手な物は嫌いなのよ」

隼人「へぇー」

蒼「飲物何がいいかしら?」

隼人「キリンレモン」

蒼「あなたもマイナーなものを選択するのね」

隼人「しかしお前が金持ちの娘だったとはな」

蒼「別に言う必要もないでしょ?」

隼人「だな」

蒼「・・・それだけ?」

隼人「何か返事に不満があるのか?」

蒼「今まで一言で終わったことないから」

隼人「無駄に人の家庭の事情を聞く気にはなれん」

蒼「あなたつまんない人ってよく言われない?」

隼人「な ぜ わ か っ た ☆」

蒼「☆なんてきもいわ」

隼人「文字なら見えるが言葉なら見えない!!」

蒼「はいキリンレモン」

隼人「サンキュー」

蒼「それ飲んだら帰ってね」

隼人「そのつもりだが」

蒼「・・・」

隼人「やはりキリンレモンだ!!」

この後終始無言のまま蒼は本を読み始め俺はキリンレモンを飲んでいた
しかも全く会話が無く
いやむしろであったばっかの転校生に部屋まで入れたもらうとか
このエ○ゲーみたいな展開はなんなの?

隼人「さて帰るわ」

蒼「なら送るわ」

隼人「さて出るかn」

俺は扉に手を掛けた瞬間勝手に扉が開いてやたら体格の良い男が入ってきた

???「なんだ蒼もうお友達を作ってき」

俺の横を何かがものすごいスピードで空を切ってその男に直撃した



以上!!

PSエ○ゲーみたいな感じのストーリーしか書けないよorz
むしろエ○ゲーよりひどい

シナリオ関連 | 21:21:38 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。